そとでよ - モトコ・モリのインドア生活

元ひきこもりの気ままな生活。

カラオケ!堀鹿!/「月刊少女野崎くん」第98号感想

私生活が0時帰り続きで先月分の感想もかけてないんですが、最新回が堀鹿回で元気が出たので書きます。

f:id:bi_mini:20180419235434j:plain 表紙から堀鹿! うっとり堀先輩と引き気味の鹿島くんという珍しい取り合わせ。

f:id:bi_mini:20180419235534j:plain パーフェクトイケメン女子鹿島くんの唯一とも言える弱点、音痴。弱点克服のために歌の上手い御子柴くんを巻き込みます。

これまでは音痴を悟られまいと、どうにか逃げ回ってきた鹿島くん。鋭い堀先輩がそろそろ自分の音痴を察してしまうのではないかと危機感を抱いているわけですが……

f:id:bi_mini:20180419235713j:plain みこりん、正解! 完全に鹿島くんの気にしすぎです。

一方の堀先輩は「恋しよっ!」カラオケ回の取材のため、野崎くん、千代ちゃんとこちらもカラオケへ。カラオケ回はギャップ萌えの宝庫だと野崎くん。

鹿島くんがカラオケを避けていることには気づいており、音痴がバレているのか?と狼狽えるのざちよですが、

鹿島くんがかっこよすぎて、人々が卒倒するから歌えないのでは?と親バカを極めています。

ビートルズの全盛期かな?

漫画なのでもちろんカラオケ店付近で鉢合わせ。気を使って先輩と鉢合わせないように千代ちゃんとみこりんが気を回したものの……

悲しき条件反射。だって、そこに堀先輩がいるから。

幹事気質の堀先輩にローテーションを組まれカラオケスタート。

抑揚ゼロの野崎くんを前に、

悲恋ソングなのにマラカス振り散らかすギャラリー(千代ちゃん)

片思いソングを熱唱する千代ちゃん、さらっと上手い堀先輩。

みこりんを羞恥プレイの犠牲にし、ネタ曲デュエットで誤魔化し……

口パクで乗り切り……

このやりとりから堀先輩に音痴がバレていると勘違いした鹿島くんは開き直ってマイクを握ります。

周囲が耳を塞ぎ悶え苦しむ中、堀先輩は

この顔である。

鹿島くんリサイタル耐久レース開催。

帰り際、鹿島くんのギャップにご満悦な堀先輩に、なるほど普段見られない鹿島くんを見られるから耐えていたのかと納得しかける野崎くんですが、

堀先輩の愛は深い……!!

ふぅ……仕事は今日も終電帰りですが、堀鹿のおかげで元気が出ました。堀鹿はいいぞ……心が豊かになる……