そとでよ - モトコ・モリのインドア生活

元ひきこもりの気ままな生活。

モスバーガーとバーガーキングのオニオンフライ(オニオンリング)食べ比べてみた

モスバーガーのオニオンフライとバーガーキングのオニオンリングを食べ比べてみた。

フライドポテトに比べ、サイドメニューとしてはちょっとマイナーな感があるオニオンリング(オニオンフライ)

モスバーガーのオニオンフライがとても好きで、セット割引がないのについつい注文してしまうのですが、バーガーキングにもオニオンリングがあることに気が付き、どちらも近くにあったので食べ比べてみました。

価格は2020年2月現在のものです。

バーガーキングのオニオンリング 300円+税。 f:id:bi_mini:20200229183812j:plain

モスバーガーのオニオンフライ 260円+税。 f:id:bi_mini:20200229183835j:plain

皿に広げて並べてみる。 f:id:bi_mini:20200229183849j:plain

分量的にはそれほど変わらない印象。見た目的にはバーガーキングの方が厚みがあり衣がしっかりしている。たまたまだと思いますがバーガーキング側には小さいフライドポテトが一本混入してました。フライヤーが同じなんでしょうね。

いざ実食

コーラで味をリセットしつつ、交互に食べていきます。

モスバーガーのオニオンフライ しっかりとした玉ねぎの甘みと塩気のバランスが良い。衣はバーガーキングと比べると薄付きでカリカリ感が強くあっさりしている。食べた瞬間に玉ねぎを焦がしたいい匂いがする。衣自体に玉ねぎが練り込まれているのか味がしっかり移っているのか?中身の玉ねぎを先に食べてしまってもなくなってからも玉ねぎ味。

バーガーキングのオニオンリング 衣に厚みがあり食感がザクザクしている。小麦粉が多めな感じ。ボリューミーで食べがいはあるが玉ねぎの風味と存在感はモスほど感じられない。味的にはやや単調な感じがする。腹にたまる。

油もので結構量があるものを2つ食べるのは一人暮らし女としてはけっこう大変だったため、なおのこと重めのバーガーキングの心象が下がった感があります。

そして完食してからバーガーキング側にケチャップが付属していることに気がつきました……😱 モスのオニオンフライはケチャップなしで完成された美味しさなので、同じような感じで食べてしまいましたが、もしやケチャップをつけるのがバーガーキングのオニオンリングのスタンダードだったのでしょうか……?

食べ比べた感想の通り、私個人としては食べ慣れたモスバーガーのオニオンフライ派だったのですが、バーガーキングにもオニオンリングはあるぞということで、機会がある方は食べてみてくださいー!