そとでよ - モトコ・モリのインドア生活

元ひきこもりの気ままな生活。

WAIS-3 WISC-3 下位検査特徴

ネットに散らばっているWAIS-3、下位検査に関する記述で集めてみてます。興味深い記述を見つけ次第追記します。

積木模様

この能力が高い人は、視覚記憶が優れてて、フラッシュバックが起き易く苦しいらしい。 wais後の診察

はい、日に2、3度はフラッシュバックが来ます。

この検査の得点が高いケースは、高機能自閉症、逆に低いケースは、読み書き障害のある LD 、アスペルガー症候群です。

積木一番高かったけどアスペルガーですね。

アスペルガー症候群の一般的な特性としては以下のことがあげられます。 積木模様、組み合わせともに苦手なことが多いが、2つの中では、積木の方が高い傾向があります。

積木がダントツでした。組み合わせは不明。

符号記号探しの得点が低い子は、かな文字の習得に困難を生じやすく、これに加えて、積木模様の得点が低い子は、漢字学習にも困難を生じやすいです。運動性検査: レポ。特別なニーズのある子どもをサポート。坊ちゃん→がばいばあちゃん

符号は低かったですが、記号探しは高かったので文字には苦労しなかったです。漢字も就学前に読めました。積木模様が高いためだったんですね。

符号

この検査の得点が高いケースは、高機能自閉症です、逆に低いケースは、抽象的刺激に弱い読み書きの LD 、正確さにこだわりすぎるアスペルガー症候群、 ADHD 、運動が不器用な子どもが挙げられます。運動性検査: レポ。特別なニーズのある子どもをサポート。坊ちゃん→がばいばあちゃん

はい、正確性重視で低かったアスペルガーです。運動も不器用です。

符号が高くて記号が低い子の支援では、見本を上に置くと有効であり、記号が高くて、符号が低い子の支援では、横に見本を置くと望ましいということが指摘されました。運動性検査: レポ。特別なニーズのある子どもをサポート。坊ちゃん→がばいばあちゃん

記号高くて符号高いので横に資料をおくといいようです。前者は黒板、後者は手元の教科書にも通じるかもしれません。

上の見本を見ないで自分の書いたものを見て書いてしまう子は、一度間違えると全部間違えるのですが、効率を考えてしまうという傾向があります。運動性検査: レポ。特別なニーズのある子どもをサポート。坊ちゃん→がばいばあちゃん

はい、見本見ないで自分が書いたものを見るタイプでした。

記号探し

符号記号探しの得点が低い子は、かな文字の習得に困難を生じやすく、これに加えて、積木模様の得点が低い子は、漢字学習にも困難を生じやすいです。運動性検査: レポ。特別なニーズのある子どもをサポート。坊ちゃん→がばいばあちゃん

符号が高くて記号が低い子の支援では、見本を上に置くと有効であり、記号が高くて、符号が低い子の支援では、横に見本を置くと望ましいということが指摘されました。運動性検査: レポ。特別なニーズのある子どもをサポート。坊ちゃん→がばいばあちゃん