そとでよ - モトコ・モリの暮らし

元ひきこもりの気ままな生活。

緊張してるのはアイドルだけじゃない/「U149」19話感想

前後編の2話構成かと思っていたら前中後の3話構成ですよ! そのせいか来週も更新ですよ! ということでU149感想です。

初のお仕事を前に緊張気味なアイドルたち。 梨沙ちゃん、冷静に見せかけて……ってベタすぎます。今週もビーシューが尊い。

仕事で練習見に行けなかったからとオープニングアクト前に、高森藍子、道明寺歌鈴のインディゴ・ベルと月宮雅、岸部彩華、衛藤美紗希のガールズパワーが顔見せに来てくれました。

ビーシュー回のしきにゃん然り、先輩アイドルが登場すると世界が広がる感じで嬉しいですねー。P好みのアダルティなアイドルが来たらPはどんな反応を見せるんでしょうか?

今週の一コマ。晴ちんはファンをサポーターと呼ぶ。

アイドルの緊張を和らげようと即席マペットを披露するP。うさぎというチョイスも千枝ちゃんを気遣ってくれていてナイスです。

一方、アイドルの反応はこの温度差である。特に右の2人。本当ブレないですねー。晴ちんが2人に引き気味なのもグー。

Pの手が冷たいことに気がつく千枝ちゃん。

前述の晴ちゃんのセリフから、Pも緊張していることを知ります。

出会いから紆余曲折あって、ずっと手を焼かされ……もとい見て来たアイドルたちの晴れ舞台ですもんね。Pだって緊張します。

そうとは悟らせずにアイドルたちの背中を押すP、そしてそれにに気が付くのは、細やかな千枝ちゃんだけ。んー、良い演出ですねぇ。

個人的今週のベストコマ。この華奢な背中のうつくしさよ。

一言で言えば尊い。

というわけで来週の更新も楽しみです。