そとでよ - モトコ・モリのインドア生活

元ひきこもりの気ままな生活。

身長差悲喜こもごも/月刊少女野崎くん93号感想

sotodeyo.hateblo.jp

前回の準備回から、修学旅行本番です。 まずはしおりに修学旅行の目標を書くことに。 。 安定の(本人以外には)オープンストーカー千代ちゃん。クラスメートから先生にも見せる前提を聞いてこれを書くハートの強さ。見習いたい。

学生的にはレアな私服姿が見れるとテンションが上がってい千代ちゃんですが、殆どが進学して大学生になることを考えると私服はそうレアでもないのではという発想に 行きの新幹線の段階で学校に戻ろうと血迷う千代ちゃん。

「今!私服が見たいの!」と思い直してなお熱弁する千代ちゃん。友人は「私服って言ってもTシャツにジーンズでしょ」と冷静ですが、 ファッション雑誌だっていっぱい持ってるんだから!と無駄に期待とハードルを上げている千代ちゃん。その雑誌、明らかに作画資料用です。

そして、当の野崎くんはパーカーにTシャツにジーンズと友人の予想が的中。千代ちゃんの熱い期待に、何となく申し訳ない気持ちになるのでした。

その後、何故か(多分避けられてる)まったく野崎くんに遭遇できず、組み分けが隣なので並びによっては近くに来るはずですが…… まさかの背の順。身長差つらい……。

背伸びしたオシャレをしている男子高校生はいい資料になると野崎くん。切り替え早い。

アクセサリーでもつけたらいいんじゃないとの鹿島くんのアドバイスを受け、現地調達に乗り出すわけですが。現地=寺。 数珠はギリギリブレスレットですけど、御守り=ドッグタグは絶対に違う。

「センス死んでる」との御子柴評を経て、食いつく千代ちゃんのファッションセンスが盛大に誤解される羽目に。違う!千代ちゃんは野崎くんなら何でもいいだけだ!

幸薄そうな若松くんへの御守りを選ぶことにした結月ですが、何故か用途ではなくかぶりを気にするのであった

今月の堀鹿。鹿島くんも堀ちゃんに御守りを買っていくことにしたと効いてこの表情です。面前以外でのデレに定評のある先輩。

「昇進」「安産」は千代ちゃんと野崎くんとかぶるのでダメですと続報。野崎くんの安産は一体何を産むつもりなのか。原稿?

一応お寺でも少女漫画のドキドキネタは考えていたという野崎くんですが、 不謹慎すぎて別の意味でドキドキする漫画に。

おみくじで揃って大凶を引くものの、野崎くんの少女漫画力での挽回を期待する千代ちゃんですが、速攻でおみくじ結ぶ野崎くん(通常運転)。

と思ったらがっかりからの身長差カップル醍醐味キター。まあ、速攻で「大凶だった」と打ち消しにかかるんですけどね。そういうとこですよ。

私服をさりげなく褒めるイベントもこなし、女子側は「さりげなく話せた!」男子側は「褒められた!」みたいなウキウキシチュエーションのはずですが……

これまでの前提が! 前提がなければね……!

次回はお泊まりですかねー?また次号。