そとでよ - モトコ・モリのインドア生活

元ひきこもりの気ままな生活。

FEHの〇〇ストップとは?

ファイヤーエムブレムヒーローズ(以下FEH)に課金する前に確率やガチャの仕様について検索していたところ、〇〇ストップという用語が目について気になったので調べてみました。

〇〇ストップとは?

簡単に言えば、外れや目当てではない星5キャラによって、星5排出確率アップがリセットされてしまうことを〇〇ストップと呼びます。詳しくは以下。

ソーシャルゲームのガチャと言うと、数十万円課金しても目当てのキャラが出ないとまとめサイトなどで取り上げられられ話題になることも多いですが、

FEHのガチャは、比較的星5(他ゲームで言うSSR相当)キャラが出やすく設定されていて、好きなキャラが欲しいだけの人には比較的良心的なガチャであると言えると思います。(強さにこだわる場合は同じキャラを複数枚入手する必要があるので、その限りではありません……)

FEHの場合、通常ガチャの場合は、

  • ピックアップ星5 3%
  • 星5キャラ 3%
  • 星4キャラ 58%
  • 星3キャラ 36%

ピックアップと恒常とで星5の枠が2つあり合計で6%あります。星5キャラが出れば半分はピックアップキャラということですね。

参考として他ゲーの確率を出すと、FGOことfate/GOの場合、1%(補助キャラを入れると5%)、グラブルことグランブルーファンタジーの場合、SSR全体で3%(月末は6%)となってます。

FEHの場合、事前にキャラの属性が見えていて、その中から選ぶことができるので、剣キャラの星5が欲しい場合は、赤属性のみを引き続けることで一点狙いも比較的容易となっています。

さらに、星5が出なかった回数の分だけ、星5キャラの排出確率が上がっていくという救済措置があり、最終的には星5確定まで確率が上がるため、どんなに運が悪くともいつかは星5キャラが手に入るようになっています。詳しくはこちら。

さて、ソーシャルゲームをプレイされる方であればご存知でしょうが、哀しいことに同じレアリティの中でも当たりキャラと外れキャラがいます。

この星5確率アップ、当然のことながら星5キャラを引いた時点で確率は通常時点の6%に戻ってしまいます。そう、たとえそれが外れキャラであろうとも……

人はそれを〇〇ストップと呼びます。

赤属性はセリス、緑属性はマリクがあげられることが多く、それぞれセリストップ、マリクストップと呼ばれている模様です。

また、ピックアップキャラの中でも欲しいキャラが1人しかいない場合などは、「お前じゃねえ!」的な意味で、その他のピックアップキャラ名を入れて〇〇ストップと言ったりもするようです。

当たり外れは人それぞれとは言え、好きなキャラが外れ呼ばわりされていたら悲しいですよねぇ。

とはいえ、ピックアップキャラが同じ属性に二人いた場合、目当てのキャラが出る確率は3%の二分の一で1.5%になりますが、目当てじゃない方のキャラが5連続で来る可能性は3%強。決してない確率ではありません。

5連続ともなれば、〇〇ストップと呼びたくなるのも人情かもしれません。

以下、私のピックアップガチャ記録になります。

ガチャ実例

2017年9月15日のガチャにて、蒼炎の軌跡(暁の女神)からエリンシア、ネフェニー、オスカーが実装されました。うちエリンシアは剣なので赤属性、ネフェニーとオスカーが槍なので青属性になります。

そうです。青属性は悪しき確率2分の1です。

蒼炎・暁、覚醒(ifは買ってありますが遊べていません)とプレイ済みで、それぞれお気に入りのキャラはオスカー(+ケビン)とジェローム(+妹マーク)で、オスカーとジェロームが来たらガチャを回すと決めていました。

オスカーとは、わりと真剣に結婚したい

ジェロームをまた違ったタイプの好き。 「ジェロームを一人っ子にしたくない! マイユニ子のマークを妹にしよう!」必然的に男マイユニ、嫁はいつもセルジュさんです。

というわけで、オスカー獲得を目指し、青のみを引き続ける一点狙い(青がないときはエリンシア狙いで赤引いて撤退)。

メイ→ネフェニー→ネフェニー→オスカー!!!

ということで、無事お目当てのオスカーを引くことができました。2連続ネフェニーの時は引けないことも覚悟しましたが来てくれてよかったです。

ツイッターなどを見ると、ネフェニーが欲しかったのにオスカーしか出なかった人の嘆きが散見され、オスカーストップの文字も見られます。可愛い女の子が欲しい気持ちはわかるけど悲しい。

運営さんも実装する時は、せめてキャラ属性はばらけさせて欲しいですよねぇ。ケビンなら斧で緑属性なのに!なのに!

私はジェロームとケビンさんの実装を熱望しております。おわり。