そとでよ - モトコ・モリの暮らし

元ひきこもりの気ままな生活。10年ひきこもり→リハビリ→就職(イマココ)

「本一冊分」から想像される値段は1000円以下なのか……

去年一年のブログ収益の4000円について、私は本一冊2000円くらいの感覚で、本二冊くらいは買えると金額として、本好きとしてはありがたいみたいな感じで書いていました。

これは私の本の価格基準が、コミックスは含めず、新品で買った場合として、本の定価は1800円〜2200円くらいが多いなあという印象から固まった数字です。

ですが、これは比較的本好きな私個人の価値感で、漫画を本に含める人、文庫が基本な人だと本一冊分の価格はこれよりずっと安くなるだろうなと思い立ちまして、

「本一冊分」から人はどれくらいの金額を想像するのだろうかという、アンケートをしてみました。

8票しか入ってないので、あまり参考にならないんですが、それでも、7票が千円以下に入ってて個人的にかなりびっくりしました。

普通の売れ筋の本とかだと2000円で買えますけど、専門書とか画集だと3000円とか5000円になることも少なくないので、文庫が1000円くらいとして間をとって2000円くらいのつもりだったんですが、

中古なのか漫画なのか文庫なのか分かりませんが、世間の人はそんなに本一冊を高く換算しないんだなぁというのが分かりました。

というわけで、どうも世間との乖離が激しいようなので、これから本何冊分という例えは使わないようにします〜。

早速、昨日の記事では、3000円をジャンプコミックス6冊分に例えたので、今後はジャンプコミックスを使っていこうかなと思います。

ちなみに、持ってる本で一番高い本は1万4千円でした。お高い……。

第一次世界大戦の歴史 大図鑑

第一次世界大戦の歴史 大図鑑