そとでよ - 元ひきこもりの気ままな暮らし

元ひきこもりの気ままな生活。ひきこもりをしていましたが就職しました。

今更、タンブラーを使ってみたら便利さに感動したので記事にしてみた

こんにちは。 この夏も暑い日が続きますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

私はそれなりには夏バテでだれてます。 日課の朝のテレビ体操(NHK教育 6:25〜6:35)を三日連続でサボっていたのを、再開したら三日でめちゃくちゃ体が鈍っててビックリしました。テレビ体操すごい。

さて、本題。皆さんはタンブラーってご存知ですか?

Tumblrじゃない方のタンブラーです。 写真とか投稿して共有するなんか海外で人気なオシャレ?なSNSじゃなくて、一時期やたらに流行った飲み物を入れる、蓋が付いてたりして水筒なんだか、コップなんだかよくわからないアレの方です。

要するにこういう奴。

景品や粗品でやたらにもらえるので一家に2個、3個は買わずともありそうなアレです。

ものによっては中の紙を好きなイラストに差し替えができたりして、夏のアニメグッズでいつの間にかうちわと並んでメジャーなポジションに収まってたアレです。

オールシーズン全試合登板、全然クリアじゃないクリアファイルほどじゃないですが(どうでもいいんですが、オタクやってると、何もしなくてもクリアファイルがやたらめったに集まる現象はどうにかなりませんかね)

一時期、アニメ雑誌やマンガ雑誌で、切り取り線で切り取ってタンブラーカバーを作ろうみたいな付録がよく付いてきた、あのタンブラーです。

紹介の仕方がえらく偏ってますが、単に私が、タンブラーとかカロンとか、突然流行り出した正体不明なオシャレ感のあるカタカナ語に、以上なほど拒否感がある保守的でダサいオタクなだけなので、あまり気にしないでください。

そんなわけで、うちにも貰うだけ貰って使ってないタンブラーが、家にゴロゴロしてました(典型的な使わないものでも捨てられないものに埋もれるタイプのオタクです。ちなみにいうと星座は物欲が強いことに定評がある牡牛座です)

何故使ってなかったかっていうと、単純に使う意味がわからなかったんですよね。 飲むだけならコップでいいし、 保温性がすごいとか、蓋がついてるって言っても、密封されてるわけでもないので、持ち運べないし、 「水筒やペットボトルでよくね?」とか思ってました。

そもそもタンブラーって言葉の意味からしてわかりません。取っ手がないからそのまま転がるって意味らしいです。 ちなみに西部劇でよく転がっている、逆に言うと西部劇以外ではまず転がってない、あの干し草のことをタンブルウィードと言うそうです。

どうでもいい豆知識はさておいて、それがなんで、いきなりこんな記事を書くくらいタンブラー信者、もといタンブラーラー(語呂悪い)になったかというと、妹に勧められたんですね。

以下、その会話。

私「タンブラーとかいう、コップと水筒を足して割り損ねたような奴の存在意義がわからん」 妹「えー、すごいいいよ。全然氷溶けないし」 私「水筒でいいじゃん」 妹「家で水筒とか使わないでしょ。重いし」 私「え? 朝起きてすぐ1日分の飲み物、水筒に入れとくと、部屋から出ないで飲み放題で便利だよ?」 妹「ひきこもりしかやらねーよ……」 私「とにかく使うメリットが感じられない」

そんな感じで私のアンチタンブラーな姿勢は崩れないように思われました、

しかし……

妹「あー、あと結露つかない」

私「え?」

妹「結露がつかない」

私「え?」

妹「何、その異様な食いつき……」

皆さん、タンブラーは結露がつかないって知ってました?

私は知らなかったです(堂々と無知をひけらかしていく捨て身のスタイル)

私は趣味でイラストを描くんですが、だらしなくて管理が悪いので、結露でノートや紙が濡れてしわしわになったことは一度や二度じゃありませんでした。 どうでもいい紙ならいいんですが、そういうときに限ってうまく描けた奴だったりするわけで、自分の管理の悪さを棚に上げて、かなりのアンチ結露党でした。

そんなわけで敵の敵は味方理論でタンブラー党にあっさり転がりました。タンブラーだけに(うまくない)

で、使ってみたら、確かにすごくいいんです。 この良さを今まで知らなかったなんて恥ずかしい……!

もっとタンブラーの良さを世間の皆様に知ってほしい……

ってことで(世間の皆さんは、とっくの昔にタンブラーの良さを知ってるような気がしつつも)こんな記事を書いてます。

タンブラーのすごさを検証する

前置きがアホのように長くなりましたが、そんなわけでタンブラーの性能を実験で検証しようと思います。

ただタンブラーの保冷性をはかるだけだと、面白くないので比較対象として、家にある他の容器を適当に見繕って一緒に比べてみたいと思います。

ELLEのコップ、一個300円くらい。

ベニマルで千円で1枚のシールを15枚集めるとペアで700円で買えたピーターラビットのマグカップ(シールなしで買おうとしたら2000円くらいする奴)

どっかから無料でもらった粗品のこいつ の三つ巴でお送りします。

室温計がないので適当ですが、 iPhoneの天気アプリで調べてみるとうちの地域は29度だったので、 冷房なしの29度くらいの環境として話を進めたいと思います。

結露の検証のために印刷に失敗したコピー紙を一枚敷きます。

夏の風物詩、冷蔵庫で冷やした麦茶を

各150mlずつ注いで、氷を3個入れます。

わくわくしながら検証スタート

10分経過

まだ全部氷は残ってます。

20分経過

まだ氷は残ってますが、大分差がついてきました。

30分経過

他の二つの氷は完全に溶けてました。タンブラーはまだまだ余裕

40分経過

やだ……まだ残ってる…… そろそろ観察するのも飽きてきました。

60分経過

まだ右上にチラッと残ってます。

70分経過

ようやく完全に溶けてくれました……これにて実験終了です。

結露比較

ばっちり無結露……!

さーてお味の方は

70分経過後の各麦茶を飲み比べてみます。 他の二つは当然ですが、氷が溶けて40分以上経っているので、すっかりぬるくなってます。

一方のタンブラーはというと……

キンキンに冷えてやがる…!

なんかこれ氷溶けてもしばらく持つんじゃないですかね……温度計もないのと単純に面倒臭そうなので、これ以上の検証はしませんが、

何がおそろしいって

今回は条件を互角にするため、蓋なしで検証しましたが、 このタンブラー無料粗品のくせに、ご丁寧に蓋までついてるので 蓋つけてたら、もっと長く保冷が可能だってことです。 やだ……このタンブラー……すごくかっこいい……

というわけで、長くなりましたが、以上でタンブラーの性能検証を終了します!

私のように粗品の使ってないタンブラーが家で眠ってるなぁって方は、この機会にぜひ使ってみてくれると嬉しいなぁと思います!

サーモス 真空断熱タンブラー 400ml ステンレス JDA-400 S

サーモス 真空断熱タンブラー 400ml ステンレス JDA-400 S