そとでよ - 元ひきこもりの気ままな暮らし

元ひきこもりの気ままな生活。ひきこもりをしていましたが就職しました。

読書

月刊少女野崎くん第89号感想

テスト前、野崎くんから放課後残って勉強しないかとお誘いが。もちろん喜んでOKする千代ちゃんですが、勉強に誘った理由はネーム期間とテスト期間がだだ被りで、どうにかしてネタをゲットしたいという野崎くんらしい理由なのでした…… 野崎くんのノートがきれ…

「U149」にメアリー・コクランちゃんが!

サイコミ-Cycomics-【Cygamesのマンガが全話読み放題!】Cygames, Inc.ブック無料 サイゲームスの漫画アプリサイコミにて連載されているアイドルマスターシンデレラガールズコミカライズ作品「U149」。 身長149センチ以下で小学生のアイドルたちがメインの漫…

「恐怖の地政学」/ティム・マーシャル読了

イギリスのジャーナリスト、ティム・マーシャル氏が書いた地政学の本です。 第一次大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件をはじめ、ユーゴスラビア紛争など、バルカン半島が紛争を抱えやすいのは、地政学的な要因が多い*1ということをどこかで読んで以来、地…

「AI 決定版人工知能」読了/AIと過渡期を共に暮らす世代

決定版AI 人工知能作者: 樋口晋也,城塚音也出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2017/03/24メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 近年のAIの進化、特にディープラーニングが気になって読みました。現在のAIの技術レベルでは何ができ、何ができな…

すべての沼は1つだった

「シャーマンキング」のファウストⅧ世を好きになる→ゲーテのファウストと若きウェルテルの悩みを読む→ブリタニカ大百科でシャーマン関連の記事とドイツ文学に関する記事を読む→ドイツ史に興味が湧く→ようこそ!世界史沼へ シャーマンキング 1 (ジャンプコミ…

Search Consoleがよくわからなかったので「できる100の新法則 Google Search Console」を読んでみた

Google Search Console、漠然と使用登録だけはしていたんですけど(サイト登録する時にしか使ってない気もする)、アナリティクスとかぶる印象もあって、いまいち使い方がわかってなかったので本を読むことにしました。 できる100の新法則 Google Search Con…

「なぜあなたは『愛してくれない人』を好きになるのか」感想/「父の娘」であろうとする娘の苦悩

「なぜあなたは『愛してくれない人』を好きになるのか?」 なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)作者: 二村ヒトシ出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2014/04/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (9件) を見る 好きで…

2017年見たもの読んだものリスト

2017年の備忘録的な感じの記事です。 ☆付きのやつは機会があったら人に勧めたい奴です。 2017/05/05更新 5月 4月 ☆「なぜあなたは『愛してくれない人』を好きになるのか?」 なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)作者: 二村ヒト…

マイヤーズ心理学メモ

マイヤーズ心理学で気になったところをメモしてます。もっと色々詳しく載ってます。最近の本なのでFacebookや出会い系などの事例にも触れてあります。 青文字のところは私の個人的な感想です。 カラー版 マイヤーズ心理学 作者: デーヴィッドマイヤーズ,Davi…

中古書店に宝の山が溢れる季節

最近は新生活のために、引越しの準備をしています。 とにかく本が多いので、中古書店やオークションでちょこちょこ売れそうなものを処分しているのですが、発見として、 この季節はかなり掘り出し物が多い……! 進学や就職のための引越し作業で、やむなくコレ…

「芸人迷子」感想。M-1準優勝コンビの解散の裏側。

芸人迷子作者: ユウキロック出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2016/12/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る 2014年に解散した漫才コンビ「ハリガネロック」のボケのユウキロック氏が、ハリガネロックが解散までに辿った道の…

『カムパネルラ』山田正紀読了

カムパネルラ (創元日本SF叢書)作者: 山田正紀出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2016/10/20メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 表紙の雰囲気とタイトル、帯のSFの文字に惹かれて手に取りました。カムパネルラは「銀河鉄道の夜」のカムパネルラの…

「角川文庫発刊に際して」が名文すぎる&「社会人大学人見知り学部卒業見込み」の感想

ということに、ほんの二、三ヶ月ほど前に気がついて、ものすごく感動しました。 同時に角川文庫を持っていて、巻末のこの名文を見逃している人が自分以外にもいたら、いてもたってもいられない!という謎の義憤に駆られ、とりあえず、身近な弟に朗読しうった…

又吉直樹の「夜を乗り越える」を読みながら元ひきこもりが色々語ってます

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)作者: 又吉直樹出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/06/01メディア: 新書この商品を含むブログ (9件) を見る 平積みされてたのをぱらっと見たら面白そうだったので就活の現実逃避に買いました。 ちなみにあれだけ売れた…